パークゴルフの用語をチェック!

アウト・バウンス(OB)

OB(アウト・バウンズ)とは、コース外側の森の中などのように、その中でプレーが禁止されている区域のことをいいます。OBは、杭やネットなどで表示されており、それより外側にボールが停止した場合、2打加算のペナルティとなります。その際にはOBラインを最後に横切ったところから、カップに近づかない位置で2クラブ以内にボールを移動してプレーを続行します。

 

OBは停止した位置で判断しますので、一度入っても転がって出てきた場合はOBとなりません。また、標識の杭などを結ぶラインに少しでもボールがかかっている場合もOBとはなりません。

 

アドレス
プレーヤーが自分のボールをショットするためにスタンスをとりクラブを構えた状態のこと。

 

アルバトロス
パー(基準打数)より3打少なくボールをカップに入れる(ホールアウト)こと

 

アンプレアブル
木の根元や枝の上などにボールが行ってしまい、その場所からプレーを続行することができなくなった場合、アンプレアブルを宣言し、ペナルティを加算されボールを移動させてプレーを再開させます。アンプレアブルを宣言すると2打加算されます。また、ボールを移動させるのは2クラブ以内の距離で、また、ホールに近づけて置くことは禁止されています。

 

イーグル
パー(基準打数)より2打少なくホールアウトすること。

 

1ラウンド
全18ホールをプレーすること。

 

ウォーターハザード
池や川など、コース内の水場のことを指す。有料のコースなどでは本格的なコースがあり、バンカーやウォーター・ハザードが設置されていることがある。初めて有料のコースにでる場合は、念のためウォーター・ハザードに球を入れてしまった際のペナルティーの扱いなども調べておくといいでしょう。

 

オナー
各ホールで一番初めにショットをする人のこと。1番ホールではジャンケンでオナーを決め、2番ホール以降は前ホールの成績がトップの者がオナーになることになる。

 

カジュアル・ウォーター
ウォーターハザードとは違って、降水などでできた一時的にできた水たまりや、スタンスの際に地面から水が浸み出すような状態のこと。

 

カジュアルウォーターのときは、ペナルティを取られることなしに水たまりを避けてボールを移動させることができる。ただし、ホールに近づかない位置に置かなくてはいけない。

 

カップ(ホール)
ボールをカップに沈めてそのホールが終了する(カップイン) 穴は内径20cm〜21cmの大きさと決められている。

 

ギャラリー
見物客、観客

 

グリップ
クラブを握る場所。また、その握り方。

 

誤球(ごきゅう)
誤って、他のプレーヤーの球を打ってしまうこと。

 

スタイミー
障害物などのため、前方が見えないこと

 

スタンス
ボールを打つために構える際の足の位置。スクエアスタンス、オープンスタンス、クローズスタンスなどがある。

 

スコアカード
各ホールの成績をつけるカード。パー(基準打数)が表示されている。

 

ストローク
クラブでボールを打つための一連の動作。