クラブの握り方について

オーバーラッピング・グリップ

右利きの方は、まず、左手の親指をクラブの真上に起き、残りの4本の指でクラブをしっかり握ります。右手は、右側から左手に合わせるように人差し指と中指の間に右手の小指を重ねるようにかぶせます。両手親指はクラブヘッドの方向に置きます。右手の小指に力を入れることによって安定性が増します。

 

インターロッキング・グリップ

最も一般的な握り方です。しっかり握ることができるので安定したショットを打つことができる確率が最も高い方法です。右手の小指と左手の人差し指をからめるように握ります。両手親指はクラブヘッドの方向へ向けます。

 

ベースボールグリップ

右手の小指と左手の人差し指をからめないように握ります。野球のバットを握る方法と同じ握りであることから命名された握り方です。指が痛くなりにくい利点があります。

 

 

場面・状況別の打ち方

 

ティーショットの前に…

 

まずはティーグラウンドから、コース全体を見渡し、打球を運ぶ計画を立てます。その際には、コースに設置されているボードに書かれている距離などを参考にし、目視で確認します。

 

このボードを例にとると、B−5のコースで40m、パーが4であるというコース情報を得ることができます。

 

この情報を各コースで確認するクセをつけていくことで、上達度やスコアは上がっていくこと間違いなしです。

 

アドレス


ボールを打つ時の標準的な構え方は、まず足を肩幅くらいに広げ、体重は両足に均等にかかるように心がけて打ちます。ボールの位置が前側の足のラインに来るように立ちます。両足のつま先を平行になるようにし、無駄な力を入れることなく楽な姿勢で立ち、膝を軽く曲げます。その後、目線をボールに移し、クラブのヘッドとボールの中心を合わせます。

 

スイング
スイング(ボールを打つ)の動作で、ゴルフと同じように大きなスイングをする人を見かけますが、方向が定まらないばかりか、スイートスポットに当たらる確率が減り、逆に飛距離が落ちてしまう原因となってしまいます。パークゴルフはゴルフと違って1ホールの距離が短いので飛距離よりも正確なショットが要求されますので、コンパクトなスイングを心掛けます。

 

まずは、自分が打ちたい方向に向かって正しくアドレスします。アドレスについては、上記を参考にしてください。それから静かにバックスイングに入ります。後ろ足に体重を残しつつ、トップの位置まで目線を動かすことなくクラブを後方に振ります。クラブがトップの位置まで来たら、目線をずらさずにクラブを打ち下ろします(ダウンスイングといいます)その際に後ろ足から前足に体重移動を行うことで全体の力がスムーズにクラブに移ります。ボールにクラブが当たる瞬間(インパクト)打球面の向きは飛ばしたい方向に対して垂直になるようにします。クラブとボールが当たってもスイングを止めずに、そのままフォロースルーに入ります。ここで初めて視線をずらし、打球の方向を目で追いかけます。

 

ラフからのアプローチショット
ラフからのアプローチショットは、かぶせ打ちとすくい打ちの2つの打ち方が適しています。練習で試して自分の打ちやすい方法を見つけてください。

 

かぶせ打ち
ボールの前方に立ち(後ろ足がボールの前方に来るように立つ)、重心は後ろ足に乗せ、クラブの面を斜め下向きにし、ボールの頭をたたきつける感じで打ちます。短いショットを打ちたい場合は、インパクトの瞬間にクラブの動きを止めます。長いショットを打ちたいときやラフが極端に深いときはフォロースルーをしっかりとします。

 

すくい打ち
かぶせ打ちと逆方向に立ちます(ボールの後方に立つ)。重心を前足に乗せ、クラブ面を斜め上に向けてボールをすくいあげるようにして打ちます。

 

 

バンカーからのアプローチショット


バンカーとフェアグランドの切れ目、盛り上がっている部分はアゴと呼ばれています。アゴから近い時と遠い場合でショットを打ち分けることがバンカーを脱出するポイントです。ここでは、それぞれの違いを見ていくことにしましょう。

 

アゴから近い場合
前方にあるアゴの高さによってショットの力加減を調整します。強めにしっかりボールをたたいて打ちます。

 

アゴから遠い場合
前述したかぶせ打ちのようにして打ち、インパクトの瞬間にクラブの動きを止めるとうまくバンカーから出すことができます。

 

パットの打ち方


このパットの結果で勝負が決まるという場面も出てくることでしょう。そういったこともあって、パットの場面では緊張感が高まることが多くなり難しいショットの一つとなってきます。また、一口にグリーンといっても、平地のグリーンや傾斜のあるグリーンがあります。ここでは、状況別のパットの打ち方を見ていくことにしましょう。

 

グリーンが平地の場合
ボールの後方に立ち、カップまでのラインを読みます。カップまでのラインに並行してアドレスしますが、目の真下にボールが来るように立ち、通常よりややスタンスを狭くします。カップとボールの直線上にテークバックし、クラブ面は打つ方向に対して垂直になるようにパットします。テークバックのスイング幅はカップまでの距離によって調整します。(距離が長い場合はそれに応じて長いテークバックを取ります)
振子時計のような感覚で、パットすることが安定した打球を打つコツです。

 

グリーンに傾斜がある場合
上りの傾斜の場合は、後ろ足に重心を乗せアドレスをします。下りの斜面の場合は逆に前足に重心を乗せます。平地型のグリーンの場合と打ち方は変わりません。上がりの場合は、ボールをピンに当てる感覚で打ち、下りの場合はカップの手前でボールを止めるような感覚で打つことが、斜面のあるグリーンを打つコツです。

 

本で勉強してみました
↓ ↓  ↓

スコアアップ!名人・萩史之のパークゴルフコース攻略法 [ 和田玲花 ]